お知らせ
ffa logo2
2020年

4/24 緊急なお知らせです! 評議員会総会について

                                         2020年4月23日

 

藤沢市サッカー協会加盟チーム 各位 
                                          藤沢市サッカー協会
                                           会長 木村 三男

               評議員会総会について(書面による会議への変更)

 国内の新型コロナウイルス感染者数が、4月以降その増加がとどまらず、4月22日の厚生労働省発表によると、感染者数は1万1496人、死者は277人となっています。神奈川県でも、21日に13人、22日に25人と増加傾向は続いております。
 このような状況から、7日に新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が出され、5月6日までは、宣言に基づく、一人一人の慎重な行動が求められています。
 この緊急事態宣言を受け、藤沢市では、感染症の予防やまん延防止の取組として、次の三つを示しています。

 (1)市の事業等(6月30日まで)
    不特定多数の方が集まる事業やイベント等は、原則、中止又は延期とします。

 (2)市が共催・後援する事業等(6月30日まで)
    共催・後援団体等に本市の対応方針を説明したうえで、中止又は延期を要請します。
 
 (3)社会教育施設等の市民利用施設(5月31日まで)
    原則、休館とします。

 そのため、市民会館、Fプレイス(労働会館・藤沢公民館等)、公民館等のホールや会議室は、5月末日まで使用することができません。また、民間の「ミナパーク」も現在、5月6日までは貸室業務は行わないこととしております。

 このような状況をふまえ、藤沢市サッカー協会としては、例年、5月の連休明けに、評議員総会を開催しておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、今年度は、5月15日(金)に市民会館で開催を予定していた評議員総会について、一堂に集まる方式による会議を中止し、書面による会議とさせていただきます。

 書面による会議の具体的な方法については、5月に入ってから、各委員会を通して、「評議員会総会の開催(書面会議)について」という通知を、評議員の皆様にお渡しする予定です。

  国の新型コロナウイルス感染症対策本部が決定した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」では、国民に対しては、感染しやすい環境に行くことを避けること、手洗い・咳エチケット等を徹底し、風邪症状があれば外出を控えること、やむを得ず外出される場合はマスクを着用することが示されています。この基本は現在でも変わりません。

 同時に、換気の悪い密閉した空間、人が密集していること、近距離での会話や発声が行われることが、感染拡大のリスクを高める環境の3条件であり、このような状況を避けること、そして人と人との接触を8割低減させることが重要であるとも指摘されております。

 現在、私たち自身が感染しないことと同時に、感染を広げないように、最大限の努力をする時期であると考えております。

 藤沢市サッカー協会に加盟する各チームにおかれましては、どうぞご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

                                問合せ先
                                藤沢市サッカー協会 杉渕
                                携帯080-3423-4860
                                       以上

ログイン

藤沢市サッカー協会

神奈川県藤沢市鵠沼海岸7-15-13

 お問合せ
--->